2013年03月04日

Hello! Project 春の大感謝ひな祭りフェスティバル2013に参戦

アジアン セレブレイション(初回限定盤A)(DVD付)
Berryz工房
ピッコロタウン (2013-03-13)
売り上げランキング: 149

3月3日の夕方、パシフィコ横浜で開催されたHello! Project 春の大感謝ひな祭りフェスティバル2013に参戦。前日の前夜祭、当日昼のBerryz工房10年目突入スッペシャルに続く公演で、展示場ホールBとCを使用。ステージ向かって前方がファミリー席、後方が一般席でいずれもパイプ椅子。自分はファミリー席前方右寄りだった。

今回はタイバン形式ということで、各グループが順番に登場。まずはその前に、さきごろ研修生で結成されたばかりのJuice=Juiceが登場(私が言う前に抱きしめなきゃね)。そのあとのMCで、田中がかわいくて歌が上手いと褒めていたように、よくまとまっていて聴きやすい。とくに高木と大塚に感心。続いて、先日の抽選会で出場者が決まったソロコーナー。最初は中島。当然、出オチでズコーっとなり、みんなリラックス、という想定だったが、なんとこれが上手い(^^ゞ(恋のテレフォンGOAL)。まあ、曲が良かったといえばそれまでだが。おかげで、他のメンバーは緊張したかも。勝田、清水と続き、岡井のONLY YOUではイヤモニの調子が悪く、最後までバタバタ。歌いなおしてもいいような状況だったが、最後まで頑張っていた。その後、嗣永、田中のソロがあり、Berryzの登場。

自分はBerryz好きなんですよ、好きなんですけれど、最近のBerryzはあまり興味が持てないのです。もうやり尽くしちゃった感もあるし、曲もピンと来ない。長年のファンが付いているのは立派だと思うけれど、もうそれぞれの道に進んでいきますという感じが強い。梨沙子のイヤモニも調子が悪くて、双眼鏡で見てたら気が気じゃなかった。

続いて、モーニング娘。の番。鞘師と新人の小田以外、見所なし…ではしょうがないんだけれど、鞘師がいればあとはどうでもという感じで、評判が良かった割には感心しなかった。まあ、人数も多すぎるよね。娘。は全国アイドル選抜なんだから、単なる仲良しグループじゃなくて、精鋭が切磋琢磨してる感じが欲しいのだけれど、低年齢化とともになにかゆるい感じになってきてしまった。

このあと、研修生の「彼女になりたいっ!!!」をはさんで、SATOYAMAコーナー。田崎あさひは2曲披露。歌もうまいし、カワイイと思う。ただ、ハロのファンがついていく感じなのかどうかは疑問。ああ、もともとそういう路線じゃないのかもしれないが、真野ちゃんなんかとは全然毛色が違う。懐かしいニューミュージックの雰囲気。真野ちゃんは歌謡曲。言ってみれば、西城秀樹と八神純子の違いか(^^ゞ GREEN FIELDS、DIY、ハーベスト、ピーベリーと続き、このへんは正直休憩時間。お尻が痛くなってきたしね。

℃-uteが登場。定番曲ばかりでズルいという感じだが、会場は盛り上がった。やっぱりこういう会場だから、大声で歌って激しく踊らないと映えない。自分の周りは女性ファンがたくさんいたけれど、明らかに℃-uteが本命という感じだった。

最後に抽選でトリを引いたスマイレージ。℃-uteで盛り上がった会場を引き継ぐように、スキちゃんからはじめて、裏番長、新曲旅立ちの春が来た、大人の途中、有頂天LOVEと続く。元気がいいだけでホッとするところはあるけれど、タイバンなんだから、全力出してますというアピールは悪くない。

エンディングは、全員で「ブスにならない哲学」。ハロコンとはまた違った雰囲気で、全体によく盛り上がったと思う。かつてのアリーナ公演を知っているファンからすると、まだまだ物足りないと感じるかもしれないが、ハロはもう仲間内でどうこう言い合っている余裕はないわけで、研修生も含めて一丸となって、こういう公演を盛り上げていくというのはいいやり方だし、今後も続けて欲しいと思った。
posted by 南野靖一郎 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年