1997年12月14日

モロー博士の島

モロー博士の島―他九篇 (岩波文庫)
H.G.ウェルズが岩波文庫にある,というと奇異な感じがしませんか。しかし,岩波文庫にウェルズが入ったのはずいぶん昔のことで,昭和28年「トーノ・バンゲイ」が最初です。その後,しばらく音沙汰がなかったのですが,ここ数年,ようやく代表作のいくつかがそろってきました。

モロー博士の島,またの名を改造人間の島,を久しぶりに読み直し,やはりウェルズは面白い,と思いました。改造人間というと,普通は人間自体を改造し(フランケンのような)怪物を造り出すのですが,生物学者ドクターモローは,孤島で猿や牛を人間に改造するという異様な研究に打ち込みます。改造人間たちには掟を教え込み,自らを神とし,従順な社会を作り上げていた博士の身に起こったことは....。

そのほかにも,未来の新聞が突然配達されてきた男の困惑(ウェルズが1970年代をどのように予測していたかがわかる)や,肥満に悩む男がインドの秘法を試したところ思いがけない結果が....(肥満解消ではなくて重さをなくす秘法だったからですが),などなど本邦初訳も含めて楽しく気持ちの悪い話ばかりです。

☆トーノ・バンゲイ☆
SFの父,ウェルズの代表的長篇。一人の若者が「トーノ・バンゲイ」なるインチキ強精剤を発明。儲けに儲けて巨万の富を築くが,やがてそのインチキ性が暴露され,破滅と転落の道をたどる,という物語。社会派ウェルズの資本主義社会告発小説だが,随所にSF的発想,科学ペダントリィが見られる。

岩波文庫で読むウェルズ

  • モロー博士の島 他9篇 (1993)

  • タイム・マシン 他9篇 (1991)

  • 透明人間 (1992)

  • 解放された世界 (1997)

  • トーノ・バンゲイ (1953 絶版)



岩波新書で読むウェルズ

  • 世界史概観 全2冊 (1966)

posted by 南野靖一郎 at 16:17| 1997年