1998年12月21日

フルニエ「グラン・モーヌ」

岩波文庫12月新刊で最初に読んだのは,フルニエの「グラン・モーヌ」
よく古書店では古い角川文庫版「モーヌの大将」を見かけるのですが,いままで読んだことがありませんでした。背の高い大人びた友人モーヌと,私の少年時代の思い出を綴った物語。ヘッセの初期作品とかカロッサなど,青春小説好き^^の私には嬉しい本で,一気に読んでしまいました。

講談社学術文庫「ラ・プラタの博物学者」は,岩波文庫版にはない挿し絵が入っていて楽しめる本。以前取り上げたような気もしますが,最近重版したのか,書店で平積みになってたりして目に付くので,お薦めします。
posted by 南野靖一郎 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 1998年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182539410

この記事へのトラックバック