1998年12月18日

カメラは病気

赤かぶ検事の和久峻三といっても,私はよく知らないのですが,大のカメラ好き,写真好きらしい。光文社文庫新刊「カメラは病気」は,その和久邸を訪れ,膨大なカメラコレクションを見た写真家・田中長徳との書き下ろし対談集(実際は長徳氏がインタビュアーのような雰囲気)。

和久氏のカメラや写真に対するアプローチは,いわゆるカメラマニアのそれと全く違って,実利や効率を一番に求めており,あまりの割り切りぶり,徹底ぶりに,ちょっと唖然とする長徳氏。和久氏の小説をよく読んでいる人は,当たり前と思うことかもしれませんが...。長徳氏のカメラ本には食傷気味というカメラファンにも,これはお薦め。
posted by 南野靖一郎 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 1998年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182539411

この記事へのトラックバック