2000年11月28日

ドリトル先生の英国

ドリトル先生の英国 (文春新書)
南條 竹則
文藝春秋
売り上げランキング: 351985

ドリトル先生といえば,最近出た文春新書「ドリトル先生の英国」(南条竹則)がなかなか面白かった。ドリトル先生シリーズの時代設定や,それにときどき入り込む執筆当時の時代背景(シリーズは第一次大戦で書き始められ,第二次大戦まで続いた)が,わかりやすく説明されている。物語自体の引用は少ないので,かつてドリトル先生を読んだことのある人なら,なるほど!と思うことがいろいろあるが,まだ読んでいない人は,まずお話を読んでから….が良いだろう。シリーズの訳者井伏鱒二のエピソードにも若干触れている。
posted by 南野靖一郎 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182539485

この記事へのトラックバック