2002年12月10日

ライカとモノクロの日々

ライカとモノクロの日々    エイ文庫
えい文庫の新刊「ライカとモノクロの日々」(内田ユキオ)を読む。月刊カメラマン誌に連載していたフォトエッセイをまとめたもの。デジタルカメラの隆盛で,フィルムカメラ自体の存続が不安な現在,モノクロフィルム(とライカ)で撮ることにこだわる著者が,自らの写真歴と,モノクロ作業ならではの暗室作業の楽しみを語る。私自身は最近,モノクロを使うことはほとんど無いが,これを読んだら,また撮りたくなってきた。モノクロでのほのぼのとした暖かみのある写真は,眺めるだけでも嬉しい。
posted by 南野靖一郎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2002年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182539633

この記事へのトラックバック