2002年12月23日

元禄快挙録

元禄快挙録 上 改版 (岩波文庫 青 159-1)
3連休ではありましたが,天気が悪かったこともあり,床屋へ行ったり,写真を現像に出したり,近所の焼き肉屋へ行ったりと,地味に過ごしていました。クリスマスのケーキはすでに食べてしまったし,プレゼントも用意したし….あとは無事に年が越せることを願うのみ。今年は「討入り」から300年目とのことで,忠臣蔵?という人には,岩波文庫「元禄快挙録」(全3冊,福本日南)をお薦めします。浅野内匠頭の刃傷から赤穂浪士の吉良邸襲撃・切腹まで,
忠臣蔵事件の全貌をまとめたもので,講談調の忠臣蔵に馴染めない方でも興味を持って読めること請け合いです。
posted by 南野靖一郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2002年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182539649

この記事へのトラックバック