2003年12月25日

インド怪人紀行

インド怪人紀行 (角川文庫)
ゲッツ板谷 鴨志田 穣
角川書店
売り上げランキング: 53993

皆さん,今年のクリスマスはいかがでしたか? 私は,相変わらず仕事で午前様。子供のプレゼント袋に,オモチャを詰めたくらい。そんな中,赤坂のファミレスに行ったんですよ。一人で。そこの女の子が,メニュー持って来ながら「このクリスマスディナーがお薦めです・・・でも男性一人のお客さんに勧めるのは酷ですね,スイマセン」だと・・・。ホントに済まんぞ。そこで,角川文庫の新刊「インド怪人紀行」(ゲッツ板谷,西原理恵子,鴨志田 穣)を読む。今回は「インドにハマる者は,インドの何にハマるのか?」を体感するための旅。既刊のベトナム,タイと比べても,断然ハードで下品。駄目駄目男4人連れというのも,滅茶苦茶というだけで,最後まで意図不明。しかし,この独特のキャラクターには憎めないところあり。面白い。元本はOZマガジンなどでおなじみ,スターツ出版刊。
posted by 南野靖一郎 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182547853

この記事へのトラックバック