2003年12月18日

ニュー・アトランティス(ベーコン)

ニュー・アトランティス (岩波文庫)
ベーコン
岩波書店
売り上げランキング: 41136

ベーコン晩年の作,岩波文庫「ニュー・アトランティス」を読了。

60ページ程度の物語だが、「私」が漂着した高度な文明を持つ島,そこには優れた倫理観を持つ住民と,王が設立した科学研究機関「ソロモンの家」がある(ソロモン学院,ソロモン学寮など諸訳があるが,ソロモンの家というのは,ちょっとイメージが湧きにくい)。「ソロモンの家」では,高度な科学の研究が行われており,その目的とするところは,「事物の諸原因と密かな運動に関する知識であり,人間帝国の領域を拡大して,可能なあらゆることを成就すること」だという。

このような科学主導の理想的な社会を描き出そうとしたベーコンだが,技術に関する予見的なアイデアは,アイテムが並べられているだけで,未完のまま終わってしまった。
posted by 南野靖一郎 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182547858

この記事へのトラックバック