2004年12月26日

アン・プリヴェの古書

旧・光文社文庫の日本文学選シリーズ。二葉亭四迷の「平凡」(昭和21年)に3000円もついていたのでびっくりし,ほかの古書店を調べてみたが,おおむね500〜1000円程度で安心....。というわけで,「古書のトルソーワールド」は,値段は別として,ユニークな古書店であることは確か。姉妹店?「アン・プリヴェの古書」はもっと変わっていて,『夫が本好きの為,我家は,どこもかしこも本ばかり・・・とうとう,本当に「古本屋さん」になってしまいました。そこで,私も我家にある本の中で,「私好みの」「私的趣味の」本だけを選んで「アン・プリヴェの古書」をはじめることにいたしました。どれも本の表紙画像を掲載し,本のご紹介コメント(目次・帯の言葉など)を記しております。どうぞ,お好きなお飲みものなどをご用意されてごゆっくり,ご覧くださいませ。』 商売なのかどうかも判然としません。
posted by 南野靖一郎 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182547913

この記事へのトラックバック