2005年11月22日

陰獣(江戸川乱歩)

江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣光文社文庫江戸川乱歩全集の新刊「陰獣」。
本作は,「一寸法師」の連載終了後,1年半にわたり世から隠れて休筆していた乱歩にとって復活宣言となったもの。当時から世評が高く,これまで舞台や映画・ドラマでもしばしば取り上げられている。今回,久しぶりに読み直し,乱歩らしい淫靡な世界と本格的なトリックとの組み合わせの妙があり,やはり乱歩の傑作の名に恥じない作品だと感じた。
乱歩自身は「陰獣」という言葉について,『元来は 「陰気なけだもの」 という意味だったのが,セクシュアルな連想から 「淫獣」 というような語感を持ちはじめ,変態的な犯罪があると,新聞の見出しに 「陰獣」 という大活字が屡々現われるようになった』といっている。
ほかに収録された作品は,毒草,覆面の舞踏者,灰神楽,モノグラムなど休筆前のもの。こちらも乱歩版ショートショート集といった感じで楽しめる。
posted by 南野靖一郎 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182548198

この記事へのトラックバック