2006年11月02日

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ岩波文庫の新刊「ヴォイツェク ダントンの死 レンツ」(ビューヒナー)を読みました。ビューヒナーは,1813年ドイツ生まれの劇作家。
ヴォイツェクといえば,以前からベルクのオペラで知っていたわけですが,普通はヴォツェックと呼ばれてますね。解説にも書かれている通り,これはビューヒナーの原稿を復元する際に文字を読み間違ったもの。未完で遺されたため,原稿の配列にも諸説あります。
しかし,オペラを聴いているときは,あまりストーリーのことを考えなかったのですが,あらためて読んでみると,奇妙な話ですな。
posted by 南野靖一郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182548348

この記事へのトラックバック