2008年10月08日

たばこの本棚

たばこの本棚 (ぶんか社文庫 か 7-1)ぶんか社文庫の新刊「たばこの本棚」(開高健・編纂)を読みました。
マリファナや覚醒剤に関する本は出ても,たばこに関する本は出ないという昨今,たばこをモチーフにした短編と各界の愛煙家によるエッセイを集めた本書の復刊(昭和54年に青銅社から出たものの文庫化)は,なかなか勇気ある行為ですな。
収録された作品の執筆者は,稲垣足穂,古井由吉,水上勉,中村武志,横光利一,井上ひさし,芥川龍之介,藤本義一など,そうそうたる面々。まぁ,少々古い人ばかりなのは,しょうがないですね。
たばこという文字を見るのもいや,という方には申し訳ありませんが,ユニークな視点でのアンソロジーとして,一読をお勧めします。
posted by 南野靖一郎 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182548561

この記事へのトラックバック