2008年11月20日

アシェンデン−英国情報部員のファイル(モーム)

アシェンデン―英国情報部員のファイル (岩波文庫)
モーム
岩波書店
売り上げランキング: 67079

岩波文庫の新刊「アシェンデン−英国情報部員のファイル」を読む。
作家サマセット・モームが、英国情報部員として第一次世界大戦中にヨーロッパ各国で活躍したことはよく知られているが、本書はその経験を元にして書かれたモームの短編スパイ小説を集めたもの。
しかし、モームは優れた情報部員であったから、さぞかしジェームズ・ボンドばりの派手でスリリングな活躍を....と期待する向きには、大いに期待はずれとなるだろう。ここに描かれていいるのは、陰鬱とした裏社会で、神経をすり減らしながら工作、折衝にあたる、決して表舞台にはあがらないスパイの姿である。
それでも、当時の複雑な国際関係の中で、情報部員の果たした役割や、上官や工作員とのやりとりなど、モームの体験がリアルに感じられ、鬱々とした気持ちのまま、読み終えてしまった。
posted by 南野靖一郎 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182548569

この記事へのトラックバック