2008年12月16日

男の隠れ家 出版社倒産

書斎や酒、旅に関する特集が多かったので、私も時々読んでいた月刊誌「男の隠れ家」。その出版社「あいであ・らいふ」が15日、東京地裁に自己破産を申請した。負債総額は計24億6000万円。
帝国データバンクなどによると、「あいであ・らいふ」は74年に設立され、大人向け雑誌「男の隠れ家」(98年6月〜)や「頭で儲ける時代」など、ビジネス書中心に展開。
2007年9月期には年売上高約6億3千万円を計上していたが、定期購読率低下やインターネット、フリーペーパーといった他の情報媒体との競合が激しさを増す中で、売り上げは減少。匿名組合で出資を募り資金運用をしていたが、当初の計画通り配当ができないという事態が発生し、一部出資者から返金要請なされるなど、動向が注目されていた。
posted by 南野靖一郎 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 2008年
この記事へのコメント
今回の「男の隠れ家」の版元を含むグループ会社がすべて自己破産というのが、非常に怪しいですね。明らかに経営者(個人社長)による計画倒産の臭いがします。「男の隠れ家」という雑誌は98年以前に、別の中野にある出版社で創刊されています。それを譲り受けた恰好で98年に「あいであらいふ」でスタートしたはずです。そこの社長の嘉藤という人物は「男の隠れ家」という媒体を使って1999年頃から「新しい媒体で配当を……」と出資者を募って金を集めまくっていたのは周知の事実。そして、形だけの別冊を刊行してお茶を濁していました。負債のほとんどは、そのような出資金かと……。だから、出資金は個人的に何処かにプールして倒産した可能性があります。出資者の皆さん、気をつけましょう。社員のほとんども、破産当日まで全く知らなかった──気付かなかった──そんな巧妙な倒産、という気がします。
Posted by Tuning@チューン at 2008年12月25日 23:42
今回の「男の隠れ家」の版元を含むグループ会社がすべて自己破産というのが、非常に怪しいですね。明らかに経営者(個人社長)による計画倒産の臭いがします。「男の隠れ家」という雑誌は98年以前に、別の中野にある出版社で創刊されています。それを譲り受けた恰好で98年に「あいであらいふ」でスタートしたはずです。そこの社長の嘉藤という人物は「男の隠れ家」という媒体を使って1999年頃から「新しい媒体で配当を……」と出資者を募って金を集めまくっていたのは周知の事実。そして、形だけの別冊を刊行してお茶を濁していました。負債のほとんどは、そのような出資金かと……。だから、出資金は個人的に何処かにプールして倒産した可能性があります。出資者の皆さん、気をつけましょう。社員のほとんども、破産当日まで全く知らなかった──気付かなかった──そんな巧妙な倒産、という気がします。
Posted by Tuning@チューン at 2008年12月25日 23:42
今回の「男の隠れ家」の版元を含むグループ会社がすべて自己破産というのが、非常に怪しいですね。明らかに経営者(個人社長)による計画倒産の臭いがします。「男の隠れ家」という雑誌は98年以前に、別の中野にある出版社で創刊されています。それを譲り受けた恰好で98年に「あいであらいふ」でスタートしたはずです。そこの社長の嘉藤という人物は「男の隠れ家」という媒体を使って1999年頃から「新しい媒体で配当を……」と出資者を募って金を集めまくっていたのは周知の事実。そして、形だけの別冊を刊行してお茶を濁していました。負債のほとんどは、そのような出資金かと……。だから、出資金は個人的に何処かにプールして倒産した可能性があります。出資者の皆さん、気をつけましょう。社員のほとんども、破産当日まで全く知らなかった──気付かなかった──そんな巧妙な倒産、という気がします。
Posted by Tuning@チューン at 2008年12月25日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182548575

この記事へのトラックバック