2011年10月08日

えい文庫復活? 旅するカメラ(第4弾)

旅するカメラ 4 (えい文庫 197)
渡部 さとる
エイ出版社
売り上げランキング: 5156

えい文庫からフォト&エッセイ文庫「旅するカメラ」第4弾(渡部さとる著)が出た。シリーズ物なので、出たからといって驚く必要はないのだが、やっぱりビックリ。なんといっても、えい文庫のこの前の発売は2009年9月「21世紀の零戦」、その前が同年5月「じてんしゃ 女子 ひとり旅」で、2年も新刊が出ていなかったのだから、これはてっきり自然消滅かと思っていたのだ。

今後、継続して出版されるのか、以前からの契約上の問題で出さざるをえないものだけ出すのか、内情はわからないのだが、久しぶりの続編となった本書は、『震災後、やりきれない日々の中で改めて感じた「写真の話をしよう」という思いをまとめました』と紹介にあるように、カメラや写真展、ワークショップ、フォトコンテストの審査、写真雑誌の思い出などなどについて、コラム23編とモノクロ写真30点をまとめたもので、著者らしい優しい語り口が気持ちよい作品集となっている。
posted by 南野靖一郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182562207

この記事へのトラックバック