2012年12月19日

BRUTUS最新号は「男を知る本、女を知る本。」

BRUTUS (ブルータス) 2013年 1/15号 [雑誌]

マガジンハウス (2012-12-15)

BRUTUS最新号の特集は「男を知る本、女を知る本。」

「なぜ男は○○○なのか? なぜ女は○○○なのか?男女の謎は、この本が解き明かしてくれます。古来から男と女は隣にいたのに、どうしてこうも互いのことを理解できず、すれ違うのか。そもそも自分の性についてもよく分かっているのか。本誌では、男と女の「なぜ?」を解明するヒントを本に求めます。異性、同性、そして自分を知る手立てにしてください 」ということで、南ちゃんが男たちの“永遠のヒロイン”である理由、男の理想vs女の妄想男女の溝はマンガで知る、男はこんな本を読んで女を研究している、女はこんな本を読んで男を研究している、男と女のモテ本研究など、男と女の関係にまつわる本を紹介。

ほかに、個性派本屋がつくった「男棚」「女棚」として、恵文社一乗寺店/代官山蔦屋書店/B&B/スタンダードブックストア心斎橋/メリーゴーランド本店/マニタ書房/東京堂書店シェ・モワ/キントト文庫/書泉ブックマート/アスタルテ書房各店の企画もあります。
posted by 南野靖一郎 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182562325

この記事へのトラックバック