2013年02月24日

国会図書館が柳田國男や吉川英治の著作など2万3000点をネット公開

01_s
国立国会図書館は2月21日に新たにデジタル化した図書資料約2万3000点をインターネットで公開した。これはこの1月に柳田國男、吉川英治、中谷宇吉郎、正宗白鳥らの著作権保護期間が満了したためで、「近代デジタルライブラリー」および「国立国会図書館デジタル化資料」で閲覧が可能。また、同日からデジタル化した雑誌約2万6000点が国会図書館の館内限定で利用できるようになった。現在、国会図書館が提供するデジタル化資料の総数は約223万点、うち、インターネットで利用可能なものは約45万点に上る。

→ 近代デジタルライブラリーの新規インターネット公開図書 
→ 国立国会図書館デジタル化資料
posted by 南野靖一郎 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182562344

この記事へのトラックバック