2013年04月27日

文藝春秋が初の電子小説誌『つんどく!』を刊行

A_1-208x300 B_21-227x300
文藝春秋は26日、電子小説誌『つんどく!』を発売した。紙版の雑誌を電子化して配信するケースはあったが、電子書籍版のみの雑誌を発行するのは、ジャンルを問わず同社で初めて。誌名の『つんどく!』とは、「積ん読」ではなく、タブレットやスマートフォン、電子書籍端末の画面を「指でつんつんして読んでください」という意味。創刊号の特集は「ミステリー2013」「新人発掘プロジェクト 第1期全員競作!」で、東川篤哉、有栖川有栖、歌野晶午、貫井徳郎氏らによる計17作の読みきり小説、コミックエッセイを掲載。『つんどく!』編集長の吉田尚子氏によると、「今回、電子雑誌を創刊しましたが、これは紙の雑誌や単行本を否定しているわけではありません。ここに掲載された作品は、いずれ、紙の単行本として世に出て行くものばかりです。電子、紙という色分けではなく、一人でも多くの読者に「小説」の面白さを伝えたい。『つんどく!』は、小説と読者との出会いの場を確実に変えていくと期待しています」とのこと(出版ニュースほか)
posted by 南野靖一郎 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182562350

この記事へのトラックバック