2006年12月27日

2007年2月の復刊書目

2007年2月の復刊書目
◆ 『カルヴィーノ イタリア民話集 全二冊』 河島 英昭 編訳
◆ 『歌行燈』 泉 鏡花
◆ 『改訳 オルレアンの少女』 シルレル/佐藤 通次 訳
◆ 『パス カル 科学論文集』 松浪 信三郎 訳
◆ 『貴族の巣』 トゥルゲーニェフ/小沼 文彦 訳
◆ 『去来抄・三冊子・旅寝論』 
◆ 『金槐和歌集』 源 実朝,斎藤 茂吉 校訂
◆ 『経済学の方法に関する研究』 メンガー/福井 孝治,吉田 昇三 訳
◆ 『兼好法師家集』 西尾 実 校訂
◆ 『憲法義解』 伊藤 博文,宮沢 俊義 校註
◆ 『孔子家語』 藤原 正 校訳
◆ 『古史徴開題記』 平田 篤胤,山田 孝雄 校訂
◆ 『骨 董』 ラフカディオ・ヘルン,平井 程一
◆ 『サイキス・タスク』 フレイザー/永橋 卓介 訳
◆ 『三十年戦史 全2冊 第一部』 シルレル/渡辺 格司 訳
◆ 『三十年戦史 全2冊 第二部』 シルレル/渡辺 格司 訳
◆ 『塩原多助一代記』 三遊亭 円朝
◆ 『色彩論』 ゲーテ/菊池 栄一 訳
◆ 『死の勝利 全2冊』 ダヌンツィオ/野上 素一 訳
◆ 『スピ ノザ 神学・政治論 全2冊』 畠中 尚志 訳
◆ 『真珠の首飾り 他2篇』 レスコーフ/神西 清 訳
◆ 『崇高なる者』 ドニ・プロ/見富 尚人 訳
◆ 『省察』 デカルト/三木 清 訳
◆ 『聖者』 マイエル/伊藤 武雄 訳
◆ 『セワ゛ストーポリ』 トルストイ/中村 白葉 訳
◆ 『辰巳巷談 通夜物語』 泉 鏡花
◆ 『天路歴程 全2冊』 ジョン・バニヤン/竹友 藻風 訳
◆ 『改訂 ドイツ国民に告ぐ』 フイヒテ/大津 康 訳
◆ 『都鄙問答』 石田 梅巌,足立 栗園 校訂
◆ 『内地雑居後之日本 他1篇』 横山 源之助
◆ 『バーンズ詩集』 中村 為治 訳
◆ 『盤珪禅師語録』 盤珪,鈴木 大拙 編校
◆ 『人及び動物の表情について』 ダーウヰン/浜中 浜太郎 訳
◆ 『ヒュペーリオン』 ヘルデルリーン/渡辺 格司 訳
◆ 『ブヴァールとペキュシェ 全3冊』 フロベール/鈴木 健郎 訳
◆ 『北京年中行事記』 清 敦崇 編/小野 勝年 訳註
◆ 『ペルシア人の手紙 全2冊』 モンテスキュー/大岩 誠 訳
◆ 『湖の麗人』 スコット/入江 直祐 訳
◆ 『みれん』 シュニッツラー/森 鴎外 訳
◆ 『民衆の芸術』 ウィリアム・モリス/中橋 一夫 訳
◆ 『アイヌ叙事詩 ユーカラ』 金田一 京助 採集並ニ訳
◆ 『ユダヤ人のブナの木』 ドロステ=ヒュルスホフ/番匠谷 英一 訳
◆ 『柳子新論』 山県 大弐/川浦 玄智 訳註
◆ 『ローマ史論 全3冊』 マキアヴェルリ/大岩 誠 訳
◆ 『悪い仲間 マカールの夢 他1篇』 コロレンコ/中村 融 訳
posted by 南野靖一郎 at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006年

2006年12月26日

エミーリア・ガロッティ/ミス・サラ・サンプソン

エミーリア・ガロッティ ミス・サラ・サンプソン岩波文庫今月の新刊は,「酒道楽」(村井弦斎),「エミーリア・ガロッティ/ミス・サラ・サンプソン」(レッシング),「ペトラルカ=ボッカッチョ往復書簡」,「キケロー書簡集」の4点。年末年始,とくに帰省するわけでもなく,近場でウロウロと考えている人にとっては,なかなか楽しめそうなラインナップですな。
で,さっそく,レッシングを読んだわけですが,この戯曲は現在でもいろいろな演出によって舞台上演されているとのこと。エミーリア・ガロッティというお話自体は,結婚を約束している若い娘に横恋慕した殿様。その手下によって相手の男は殺害され,娘は館に拉致される。異変を知って館に駆けつけた娘の父親に対して,娘は辱めを受けるよりは殺して欲しいと頼み,父親の手で最期を遂げるという大時代的な悲劇。日本でも古くから知られた作品で,岩波書店からも大正時代に野村行一訳が出版されている。
レッシングは,1729年生まれのドイツの詩人,劇作家,思想家,批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり,フランス古典主義からの解放を目指し,ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。ゲーテやシラー,カントなど当時のドイツ文学思想に多大な影響を及ぼした。岩波文庫にはほかに,「賢者ナータン」,「ラオコオン」,そして私にとっては懐かしい「ミンナ・フォン・バルンヘルム」がある。
posted by 南野靖一郎 at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006年

2006年12月25日

今年の岩波文庫の売上げベスト10

バタバタしているうちに,もう今年も残りわずか。というところで,妹の嫁ぎ先のお義母さんが急になくなり,お通夜へ行ってきました。年取ってからは世界中を旅しており,つい先日も元気な声を聞いたばかりだったのに,驚きました。
岩波書店によると今年の岩波文庫の売上げベスト10は,『武士道』(新渡戸稲造),『論語』,『代表的日本人』(内村鑑三),『忘れられた日本人』(宮本常一),『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎),『学問のすゝめ』(福沢諭吉),『方法序説』(デカルト),『新版きけ わだつみのこえ』 ,『新訂 孫子』,『ゲーデル 不完全性定理』とのこと。
新刊はゲーデルだけですかね。あとはいつもと代わらぬ定番作品。私自身も今年の岩波文庫を振り返ると,最近出たパヴェーゼの「美しい夏」や「モーパン嬢」くらいで,あまり面白かった!というものがなかったような気がしますね,残念ながら。
posted by 南野靖一郎 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年12月19日

「幻冬舎新書」創刊

快楽なくして何が人生11月30日,幻冬舎新書が創刊された。「創業から13年間で培った幻冬舎の全ノウハウを最大限に生かして,、幻冬舎新書を創刊します。一挙に62点刊行で話題となった文庫創刊(97年),雑誌創刊「パピルス」(05年)・「ゲーテ」(06年)に続く,新ジャンルへの挑戦です」とのこと。
今回は17点を発行。まず何を読もうか・・・と迷う必要もなく,「快楽なくして何が人生」に決めた。本書は,SM界の巨匠,団鬼六先生が,腎不全に苦しみながらも人工透析を拒否し,自らの男としての生き方を説いたもの。
もちろん,長年にわたる女性遍歴も詳しく記されている。男にとって本物の女とは何か?を熱く語る先生には,チョイ悪オヤジなどという中途半端なポーズを突き抜けた凄みがある。
posted by 南野靖一郎 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年12月10日

モーパン嬢(下)

モーパン嬢〈下〉ボーナス時期。職場の若い人とバブルで恩恵を受けたか受けないかなどと話をしていたとき,バブル小説として真っ先に頭に浮かんだのが「なんとなくクリスタル」。1980年,大学生だった田中康夫が,若者に人気のブランドやレストランなどにいちいち詳しい脚注をつけながら,当時の都会のライフスタイルを描いたもの。いろいろと物議をよんだが,その時田舎の大学生だった私にとって,こんな別世界があるんだ,といったショックというか羨ましさを感じたね。
あれから26年。バブルがきて,あっという間に去っていき,名実ともに中年男になった私も,さほど気後れすることなく六本木や青山を徘徊し,シガーバーで紫煙をくゆらしていることを考えると・・・出世したモンだ。いやいや,一億中流化と言われて以来,大衆化が急速に進んだというのがホントだろう。しかし,これからは中流化どころか,一億総貧乏となりそうな気配。「なんとなくクリスタル」は,意外に違和感なく再び若い人のあこがれの生活になるような気がする。
そんなことを考えたのも,岩波文庫の新刊「モーパン嬢」(下)を読んで,時代のスタイルというものを強く感じたから。途中,登場人物がシェイクスピアを演じる劇中劇みたいなところもあり,ますますクラシックな芝居めいた印象になるんですね。
posted by 南野靖一郎 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年12月03日

インカ皇統記(4)

インカ皇統記〈4〉レジストラの「ムームードメイン」がドメインの管理業務を「お名前.com」に移行するので,契約更新時には自動的に「お名前.com」との契約になるとの通知。「お名前.com」はいやだ・・・と思っている人が多いようだから,かなりの人が他のレジストラへ移るんじゃないかと思う。個人情報の管理で問題があったからね。もっとも年間維持費はいまのところ,コレまでと変えていない。
岩波文庫「インカ皇統記」全4巻が完結。最終巻は,第11代国王の事績,農業,畜産,貴金属などの事業を紹介。タバコやワイン製造などにもふれている。インカというと乾燥地帯かと思っていたが,高原地帯は海から吹き上げる風によって雲ができて湿潤な環境となるので農業に向いており,そこに高山都市が形成されたという。
posted by 南野靖一郎 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月28日

うつうつひでお日記(吾妻ひでお)

うつうつひでお日記
「うつうつひでお日記」(吾妻ひでお)を読む。

漫画家吾妻ひでおの絵日記。朝起きて煙草を吸い,仕事して,笑っていいともを見て,図書館行って,編集者と会って,本読んで,仕事して,寝る・・・ということの繰り返し。本が売れれば喜び,連載が打ちきりになればがっかりする。別に何の事件も起こらない。
うつ病でアル中により禁酒中である著者は,突然暗い気持ちにおそわれ,睡眠薬と安定剤を飲み,布団にもぐってボーッとする。なんだ,大したうつ病じゃないんだ,と思うかもしれないが,これで作家活動をしていなかったら辛いだろうな。私はホームレス時代を描いた「失踪日記」よりこちらの方が,日常の漠然として不安が感じられて怖い本だと思った。
ほかに「つれがうつになりまして」という新刊。自分はどうみても几帳面な男ではなく,あまり「やらなくちゃいけない」というせっぱ詰まった気持ちにはならないのだが,なんとなく今の自分と違った自分を常に求めているような気持ちがあって(著者曰く,40歳になっても,まだ大人になったら何になりたいか・・・などと考えている),そこが現実味がないというか,いい加減な人に見られる原因の一つかも,と思ったりしている。
posted by 南野靖一郎 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月25日

ウォルター・スコット邸訪問記(アーヴィング)

ウォルター・スコット邸訪問記岩波文庫の新刊「ウォルター・スコット邸訪問記」(アーヴィング)を読む。本書は訳者斉藤 昇氏による「スコットランドの吟遊詩人を訪ねて」(文化書房博文社,1997年)を大幅に改訂したもの。
アーヴィングは「スケッチ・ブック」や「アルハンブラ物語」が岩波文庫や新潮文庫などに収められているものの,短編作家,紀行作家の印象が強い。実際には,法律家,外交官であった彼は,外国語にも堪能で,伝記やエッセイなど多作な人だった。
1783年ニューヨークに生まれたアーヴィングは,1815年イギリスに渡った。当時のイギリスはナポレオン戦争の影響で苦しい時代であったが,彼は英米の著作権問題を足がかりに文壇に顔を売り,1817年エジンバラに旅した際に,イギリス文壇の巨匠スコットと対面することとなる。この「文学的巡礼」で,アーヴィングは自らの文学活動への自信を得たという。
本書では,堅苦しい文学談義ではなく,スコットの日常生活を生き生きと描いており,120ページほどの本文はあっという間に読み終えてしまった。
※岩波ブックセンターの裏にオープンしたステーキハウス「神房」。神保町だから「じんぼう」? ここで出るワインの名前が「じんぼう」で,オーストラリアのジンボーという町のワインだという。「mariの遊楽40life」にレポートがある。ここのところ,粗食に耐えているので,思いっきりステーキ食べたい!
posted by 南野靖一郎 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月23日

岩波文庫創刊書目[復刻] 全23巻セット

岩波文庫創刊書目 復刻―付 創刊広告(東京朝日新聞・昭和2年7月掲載)
岩波文庫創刊書目[復刻]全23巻セットが12月26日に発売予定。

現在予約を受け付けているが,21000円か・・・。1927年7月に創刊された岩波文庫の第1回発売書目23冊を当時のサイズ(菊半截),紙質・表紙で復刻したもの。(これで活版なら最高だが・・・無理だろうね)

内容は,「おらが春・我春集/一茶・萩原井泉水」「病牀六尺/正岡子規」「仰臥漫録/正岡子規」「こヽろ/夏目漱石」「五重塔/幸田露伴」「北村透谷集/島崎藤村編」「号外 他六篇/国木田独歩」「にごりえ・たけくらべ/樋口一葉」「藤村詩抄/島崎藤村自選」「幸福者/武者小路実篤」「出家とその弟子/倉田百三」「賢者ナターン/レッシング・大庭米次郎訳」「戦争と平和第一巻/トルストイ・米川正夫訳」「闇の力/トルストイ・米川正夫訳」「生ける屍/トルストイ・米川正夫訳」「伯父ワーニャ/トルストイ・米川正夫訳」「桜の園/トルストイ・米川正夫訳」「父/ストリントベルク・小宮豊隆訳」「令嬢ユリェ/ストリントベルク・小宮豊隆訳」「プラトン ソクラテスの弁明・クリトン/久保勉・阿部次郎訳」「認識の対象/リッケルト・山内得立訳」「科学の価値/ポアンカレ・田辺元訳」「実践理論批判/イマニエル=カント・波多野精一 宮元和吉訳」。ほかに付録として,創刊広告(東京朝日新聞・昭和2年7月9日掲載)。

詳細と予約はこちらから
posted by 南野靖一郎 at 19:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月17日

葉巻の時間(城アラキ)

4-7572-0807-3.jpgしばらく品切れになっていた「葉巻の時間」(城アラキ)が増刷された。
3,990円と高価かつ重厚な造り。とくにモンテクリストのボックスを模した装幀はなかなか凝っていて楽しい。その中身は,ワイン通で「葉巻はワインである」という著者が,森鴎外や芥川龍之介,吉田茂,チャーチル,カストロなどシガーをめぐる著名人の物語,寸評付き実物大写真によるシガーカタログ,シガーの吸い方や保存法,飲み物とシガーの関係などについて蘊蓄を語っている。
綺麗な本だがカタログ部分が多く,すでにシガーに親しんでいて眺めるだけで嬉しいという人ならよいが,これからシガーを始めようという人には期待するほどの情報はないかもしれない。それでも,最近雑誌やムックがせいぜいで,めっきり少なくなったタバコ本の中では読みでがある。
では,一服つけながらもう一度眺めてみることにしよう。
posted by 南野靖一郎 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月16日

インカ皇統記(3)

インカ皇統記〈3〉なにか科研費申請などでバタバタしていて読み残していた先月分の岩波文庫新刊「インカ皇統記(3)」を読む。
今回は,第六の書と第七の書を収める。金や銀で飾られたインカの王宮の建造と装飾,王宮で奉仕する召使い,太陽の大祭を中心とする祭祀,植民事業や言語,各地の首長の嫡子たちが宮廷で教育されたことなどを詳述。とてもわかりやすい訳だが,神保町のマックでコーヒー飲みながら読んでいたら,ついウトウトと。
ちなみに11月の岩波文庫新刊が書店にならぶ時期だが,そのラインナップは,「ウォルター・スコット邸訪問記」(アーヴィング),「モーパン嬢(下) 」(ゴーチエ),「紅い花 他4篇(改版)」(ガルシン),「インカ皇統記(4)」。ほかに,「文芸批評論」(T.S.エリオット),「少年時代」(トルストイ),「タキトゥス 年代記(全2冊)」が重版再開。
posted by 南野靖一郎 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月12日

中公文庫解説総目録

中公文庫解説総目録 1973~2006「中公文庫解説総目録1973〜2006」が出た。1973年6月の創刊から2006年10月までの文庫全点目録。従来の目録要素に加え,初版刊行年と在庫情報を表示したもの。書名索引・著者名索引も付いている。728ページ,1300円也。
近所の書店に平積みにされていたので,最初タダで配っている目録かと思い手に取ったら,分厚かったのでビックリ。そんなに買う人がいるのか???
中公文庫の場合,30年ほどの歴史しかないから,リストを眺めていても馴染みの書目ばかりだ。しかし,中公文庫創刊時の10点,座談会(池内紀,奥本大三郎,川本三郎,岡崎武志),紀田順一郎・海野弘・出久根達郎・縄田一男・松岡正剛・岡崎武志各氏の中公文庫にまつわるエッセーなど,読み物は面白いので,とりあえず入手しておく価値はありそうだ。
posted by 南野靖一郎 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月09日

モーパン嬢(上)

モーパン嬢〈上〉ウチの近所の書店が改装・・・と思ったら,経営者が替わったとのこと。個人経営の書店から,フランチャイズ店になったのだが,一見,以前と替わらない店内の雰囲気。しかし,拙いことが2つ。岩波文庫が綺麗さっぱりなくなり,閉店時間が23時から21時に。これじゃ,行く意味がない,というか行けないだろ。
岩波文庫の新刊「モーパン嬢(上)」を読む。本編の恋物語の方は途中だが,最初に長々と書かれた序文が面白い。1834年,24歳のゴーチエが,ロマン主義,芸術至上主義を宣言し,胡散臭い道徳家たちを攻撃している。といっても,堅苦しいものではなく,当時の政治家や金持ち,批評家への皮肉たっぷりの当てこすりだ。。
「この地上に,われわれの暮らすこの世界に,絶対に有用な何かが存在するか?・・・美しいものは,何であれ,生活に欠くべからざるものではない。真に美しいものは,何の役にも立たないものに限られる。有益なものはすべて醜い。何らかの欲求の現れだからだ」
「何も創作しない批評家は卑怯だ。信徒の妻に手を出す神父のようなものだ。信徒は神父に同じ仕返しもできない。決闘もできない」
posted by 南野靖一郎 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月06日

新橋駅前の大古書市

新橋駅前で,本日から土曜日まで,大古書市が開催されています。
昼休みに見に行ったところ,岩波文庫はカバー付きの新しいものが中心ですが,結構出ていました。ほかには,新橋というオヤジ中心の土地柄でしょうか,軍事,飲食,映画,辞書などが多く,私もムック2冊を購入,1500円也。マッチのラベル図鑑も欲しいなと思ったのですが,3500〜4000円とのことで,断念。
posted by 南野靖一郎 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月05日

もっともセクシーな世界の美女100人

PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]
連休中ですが,近くの鎌倉を散策するなど,またーりしています。

PLAYBOY日本版12月号の特集は,「もっともセクシーな世界の美女100人」。セクシーといえば,モンローは古いとしても,少年の頃胸ときめかせたロミー・シュナイダーやナタリー・ドロン,新しいところでキム・ベイシンガーなどを思い出す私は,正真正銘の中年男。いまは,スカーレット・ヨハンソン,ジェシカ・アルバ,ジェシカ・シンプソンがトップ3とのこと。
だけど,セクシーな女性っていうのは,単なる肉体的な美しさだけじゃなくて,その女性の背負っているバック・グラウンドや男達との関係が重要な意味を持っているわけ。最近の女優さんは,その点で味が薄い人が多いと思うので残念。山本モナの方ががんばってるよ。

私は結構ワケあり女?や気の強い女が好きなので,自分じゃ気がつかないけど,M気があるのかもね。
posted by 南野靖一郎 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年11月02日

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ岩波文庫の新刊「ヴォイツェク ダントンの死 レンツ」(ビューヒナー)を読みました。ビューヒナーは,1813年ドイツ生まれの劇作家。
ヴォイツェクといえば,以前からベルクのオペラで知っていたわけですが,普通はヴォツェックと呼ばれてますね。解説にも書かれている通り,これはビューヒナーの原稿を復元する際に文字を読み間違ったもの。未完で遺されたため,原稿の配列にも諸説あります。
しかし,オペラを聴いているときは,あまりストーリーのことを考えなかったのですが,あらためて読んでみると,奇妙な話ですな。
posted by 南野靖一郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年10月29日

シガースタイル−葉巻を知って,男を磨く

シガースタイル―葉巻を知って、男を磨く (No.1)書店に行っても,ワインやウィスキーの蘊蓄本はたくさんあるけれど,タバコ関係の本はないですよね。喫煙者が減っているせいもあるでしょうし,おおっぴらにタバコLOVEなんていうことを言うと,嫌煙団体から煙ったがられるからかもしれません。
それでも,タバコ,とくにシガー(葉巻)には根強い愛好者がいて,そういう人はニコチン中毒や暇つぶしのためではなく,純粋にタバコを味わおうとしているわけです。そもそも1本何千円もする葉巻を,一日中スパスパやってるわけにはいかないでしょうしね。
「シガースタイル−葉巻を知って,男を磨く (No.1)」(ワールドフォトプレス)は,そんな数少ないタバコ本の新刊。内容は,キューバをめぐるエッセイ,コイーバ40周年ハバノス・フェスティバル2006リポート,シガーテイスティング,基礎知識,最新シガー・カタログといったところで,眺めて楽しむムックです。
【愛用のシガレットケース】シガリロのクラブサイズが8本入ります。吸い過ぎ防止になるか・・・
私自身は,普通の紙巻きタバコは煙が嫌いなので,葉巻派になったのですが,普段はアルカポネみたいなぶっとい葉巻ではなく,紙巻きのキングサイズなみに小さいシガリロ(ミニシガー)を吸っています。これは,紙巻き並に手軽に吸える一方,紙巻きには無い特徴があります。
・1本で長時間楽しめる・・・15分程度は大丈夫でしょう。何本も立て続けに吸うようなものではありません。1本あたりの値段は高いですが(それでも数十円から200円程度),結果として安くつくでしょう。
・肺に入れないので,息苦しくない・・・シガリロは葉自体の香りと煙を味わうものなので,肺の中までは吸い込みません。いわゆる,ふかしです。紙巻きの煙が苦手な人でもOK。むせてしまうのでタバコはどうも・・・という方にはお薦めです。別に肺喫しても悪くはありません。
【モンテクリストクラブ】これは緻密な煙で美味い
・副流煙が少ない・・・副流煙なんて口にするだけで情けない感じはしますが,目で見てわかるように,火のついたシガリロからは煙がほとんど出ません。吸わないで放っておくと自然に火が消えます。
・個性が豊か・・・私の場合,紙巻きタバコからは重い,軽いといった言葉しか思い浮かびませんが,シガリロは千差万別で,誰が吸っても味の違いがわかります。ワインのようにシガーソムリエみたいな資格もあります。
・何よりも香りがよい・・・紙巻きタバコの臭いは紙の焼ける臭いです。シガリロは思わず陶酔してしまうような気持ちのよい香りがします。タバコを吸わない人は,紙巻きタバコの煙しか知らない場合が多いと思いますが,ぜひシガリロの香りを吸って一服してみてください。タバコのメージが変わると思います。
【カフェクレームフィルター】軽すぎて吸った気はしないがお手軽
最近肩身が狭いと思われている喫煙者ですが,私はシガーやシガリロを吸うときには,一応格好にも気を遣って,だらしなく貧乏くさくならないようにしているつもりです。せっかくファッションや持ち物に気を遣っている若い人が,タバコを吸うときにだらしない感じになってはいけません。シガリロやシガーがもっと普及し,若い人でも格好良くタバコを吸う,というスタイルができると楽しいですね。
シガリロについては,はじめてのシガリロCigar Japanなどで情報を。
posted by 南野靖一郎 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年10月24日

美しい夏(パヴェーゼ)

美しい夏岩波文庫の新刊,久しぶりに読んだパヴェーゼの「美しい夏」,La bella estate。題名がいいですね。美しい夏は,少年少女だけのもの。登場人物は,16歳の少女ジーニア,モデルをしている自由奔放な大人の女性アメーリア,彼女らを取り巻く画家たち。
娼婦的なイメージもあるアメーリアに,ときに反発しながらも,あこがれているジーニア。画家で軍隊に入っているグィードに恋心を抱え,大人への道を歩み出す。女性の場合は,はっきりと大人の女になった自分,というのを意識できるものなのかもしれないな。
第二次世界大戦中の殺伐とした世相を背景に,切なくほろ苦い青春の物語。この作品は1949年に発表され,すぐに大変評判となり,イタリア最高の文学賞ストレーガ賞を受賞。しかし,バヴェーゼは,その直後,「みなを許します。みなに許しを乞います。いいね?あまり騒ぎ立てないでください」との書き置きを残し,1950年に彼のアパートからほど近いトリノ駅前のホテルにて睡眠薬自殺。
posted by 南野靖一郎 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年10月20日

光文社古典新訳文庫の続き

海に住む少女光文社より9月に創刊された古典新訳文庫。
『活字離れを止めるには,本当に面白い,しっかりした作品を提供すること,そして,未来の読者を育てていくこと,これしか道はありません。それならば,古典という,いつの時代にも変わらない「本物」を新訳という形で,読者に届けよう。これが,私たちの見出した,単純ですが,唯一の指針です。』
当初,てっきり日本の古典作品を現代文に翻訳したもの・・・と思いこんでいたのだが,ヨーロッパ中心の外国文学の新訳だった。とくに人文・社会科学についても,『翻訳の向上が一番望まれている』とし,ゆったりした文字組みで快適に読めるよう工夫するとのこと。毎月2点を刊行予定。
創刊時のラインナップは,先に紹介した「小さな王子」のほか,「リヤ王」,「初恋」,「カラマーゾフの兄弟」,「飛ぶ教室」など。つぎは,「海に住む少女」(シュペルヴィエル)を読もうと思ったのだが,近くの書店では売れてしまっていた。
※日本書店商業組合連合会から,「全国小売書店経営実態調査報告書」が発表された。書店の現状,労働条件,回転率や返品率,生き残り策など,詳しいデータが記載されている。
posted by 南野靖一郎 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年

2006年10月19日

珍奇絶倫 小沢大写真館

珍奇絶倫 小沢大写真館ちくま文庫の新刊「珍奇絶倫 小沢大写真館」(小沢昭一著)が面白い。
写真屋の息子に生まれた小沢さんが,東京の旧赤線地帯を中心に,伝統的な色町を自ら撮影し,関係者から思い出話を聞き出した記録。ときは昭和47年。東京の街にも,まだ戦前の名残があり,中年男には懐かしい風景が続く。小沢さんは,建物だけでなく変わった看板や裏町の人々もたくさん撮っており,思わず笑ってしまうようなものが多い。
登場するのは,女郎屋,ゲイボーイ,ストリッパー,レズビアン,彫師,トルコ風呂などなど。小沢さんの実体験に基づくガイドは,さすがに読ませる。なにせ時代が時代だから,インタビューに登場する20代のトルコ嬢たちも戦中派。いまのアイドル風の風俗嬢と比べると,化○物か・・・と思うかもしれないが,それが昭和40年代クォリティなのだ。
posted by 南野靖一郎 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年